文字サイズ
ホーム > アドバイザリーサービス > スマートコミュニティ

アドバイザリーサービス

スマートコミュニティ

東日本大震災以降、地域やコミュニティ等における自立・分散型エネルギーシステムやICTを活用したまちづくりへの注目が集まっています。

現在、スマートシティやスマートタウン、スマートコミュニティへの取り組みが進められていますが、高価なハード・システムの導入に終始している感は否めません。あくまでも、エネルギー、モビリティ、ICT等はスマートコミュニティを実現していくための「手段」と位置付けるべきと考えています。

早稲田環境研究所は、地域特性や地域ニーズを把握し、地域独自のスマートコミュニティの構築を支援することが可能です。地域やコミュニティが有するポテンシャルの付加価値を最大限高めるためのサポートとコミュニティビジネスの事業化までを一貫してサポートします。

サービスの特長

地域の実情に合わせたスマートコミュニティのコンセプトデザイン、企業誘致、ソリューション設計(エネルギー、モビリティ、ICT等)、事業モデルの構築、ファイナンス設計、モニタリング等の機能を一貫して提供することが可能です。

とりわけ、公的資金の獲得支援や成功報酬型のコンサルティングにより、初期投資を抑制したかたちでのサービス提供が可能です。

地域のよきパートナーとして、”共創型“のアプローチによりスマートコミュニティの構築を支援します。

まちづくりの原則

まちづくりの原則

プロジェクト事例

1)本庄スマートエネルギータウンプロジェクト

早稲田大学本庄キャンパスが立地する新幹線本庄早稲田駅周辺エリアのプロジェクトです。太陽熱等の再生可能エネルギーを活用した地点熱供給事業やICTを活用したコミュニティサービスの事業化等を目指した取り組みを展開しています。

URL : http://www.howarp.or.jp/project/energytown.html

本庄スマートエネルギータウンプロジェクト

本庄スマートエネルギータウンプロジェクト
ページの先頭へ