文字サイズ
ホーム > アドバイザリーサービス > 環境・エネルギービジネスモデル開発

アドバイザリーサービス

環境・エネルギービジネスモデル開発

環境・エネルギー分野への社会的な要請の高まり、注目の高まりがこの分野における新しいビジネス開発に機会をもたらします。

「再生可能エネルギー 固定価格買取制度」は、政府の政策変更が新しいビジネスチャンスを提供したケースですが、このような直接的な機会以外にも様々なビジネスの可能性が考えられます。既存事業のコア技術や資産を活かした派生事業の開発、他社との技術コラボレーションによる新規事業やサービスの開発など、取り組みの手法も様々なです。

早稲田環境研究所には大学発の企業として、数多くの企業や団体からの情報やアイデアが集まってきます。企業単独での事業開発から提携・コラボレーションによる事業開発まで、ビジネスモデル開発についての豊富な経験をご活用ください。

サービスの特長

ビジネスモデル開発の狙い・目的に対応じて、専門的なノウハウを活用した支援サービスを提供します。ビジネスコーディネーターとして他企業との連携・提携を調整し、推進する活動もお任せください。案件によっては早稲田環境研究所も事業主体の一部として参加するケースも考えられます。

特に、公的資金・支援については豊富な経験と実務ノウハウがありますので、支援が期待できる案件については、積極的にアドバイスを提供し、申請等の実務のお手伝いをいたします。

環境・エネルギービジネスモデル開発

プロジェクト事例

ページの先頭へ