文字サイズ
ホーム > アドバイザリーサービス > 環境配慮設計・LCA

アドバイザリーサービス

環境配慮設計・LCA

製品・サービスの環境負荷を定量的に評価し、それを客観的な視点から情報公開することの必要性が高まってきています。

早稲田環境研究所では、早稲田大学で培ってきた独自の評価手法を駆使することにより、製品・サービス・社会システム等の環境負荷評価を支援しています。

近年、注目されているカーボンフットプリントやSCOPE 3の支援、LCA等に伴う第三者レビュー等もサービスとして提供しています。

サービスの特長

1)環境配慮設計・LCAの受託・コンサルティング

製品・技術・サービス等の環境配慮設計・LCA等の評価を受託します。カーボンフットプリントから統合評価に至るまで、多様な評価ツールを駆使することが可能なノウハウを有しています。社内検証やCSR報告書等における情報公開の在り方に関するコンサルティングを実施しています。なお、インベントリデータの収集等に関するデータ提供、アドバイス等も可能です。

2)SCOPE 3・貢献度評価に関するコンサルティング

近年、温室効果ガスに関しては、企業等からの直接的な排出量(SCOPE 1, 2)のみならず、サプライチェーン全般にわたっての間接的な排出量(SCOPE 3)までを算定・情報開示を要求される流れとなっています。また、太陽光発電や電気自動車等に代表される環境配慮製品や各種のICTサービス等の導入による温室効果ガス等の削減効果を「貢献度」として評価するニーズも増してきています。

早稲田環境研究所は、この分野における専門的、先進的な研究事例を有しています。その算定方法や情報開示にお悩みの企業様を対象としたコンサルティングサービスを提供しています。

環境配慮設計の検討メニューの例

環境配慮設計の検討メニューの例

LCA (Life Cycle Assessment)の概要

LCA (Life Cycle Assessment)の概要
ページの先頭へ