文字サイズ
ホーム > 企業情報 > ごあいさつ

企業情報

ごあいさつ

創業者 小野田弘士

近年、地球環境問題の深刻化に伴い、製造業を始めとする企業は、環境に配慮した設計・開発およびサービスの提供が必須となってきており、さらには、その製品やサービスを享受する消費者も、積極的に環境配慮型ライフスタイルの構築を目指し始めています。

しかし、消費者が製品やサービスに求める環境配慮に関する情報は、現状では容易に手に入らないことが多く、また、入手できた場合でも、企業間によって提供する情報に差があり、明確にその優劣を比較・判断することができない状況であるといえます。

さらに、企業側においても、各々において環境配慮型製品のサービスの開発を積極的に行っていながらも、その情報提供が一方的であること、また、統一的な判断基準や評価指標が存在しないことなどから、自己満足の域を脱していない“環境配慮のアピール”に止まっている例が多い感は否めません。

これらの現状を打破するためには、消費者と企業、あるいは官公庁等、環境問題に取り組むあらゆる主体の間に立ち、「公平」、「迅速」かつ「明瞭」な情報の伝達をおよび提供を行う、いわゆる“第三者評価機関”の存在が極めて重要であると考えます。そのような観点からすると、「大学」という中立的な機関が担う役割は大きく、その信頼性を生かしながら「評価」および「情報提供」に関する事業を展開することは必要かつ有意義であると思われます。

株式会社早稲田環境研究所は、こうした思いから平成15年8月26日、最低資本金規制特例により、早稲田大学理工学部機械工学科永田勝也研究室から誕生しました。当会社は、消費者と企業の双方にとって有益となり、また、関連する事業者間においても有益となる情報の提供、さらにも地球環境へも貢献することを目的とした、いわゆる“Win-Win”の関係を構築するために、大学の持つ優位性を生かしながら、そこで培ったノウハウを世の中に普及・啓蒙するための「“共創”支援カンパニー」として事業を展開していきます。

創業者 小野田弘士

ページの先頭へ