文字サイズ
ホーム > 企業情報 > 企業ヒストリー

企業情報

企業ヒストリー

企業 主な実績
2003年 小野田弘士(当時、早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程)が早稲田大学永田勝也研究室の研究成果を社会に還元することを目的に最低資本金規制の特例を活用して設立(資本金25万円)。 経済産業省・平成15年度石油代替エネルギー導入促進対策調査等委託費(廃棄物リサイクルシステムエネルギー効率化調査<LCAとLCCによる政策判断支援手法の検討>)
2004年 環境省・平成16・17年度地球温暖化対策技術開発事業「店舗・オフィス等の効率的なエネルギーモニタリングシステムの開発」
環境省・平成16・17年度球温暖化対策技術開発事業「業務用ボイラへのバイオエタノール添加事業」
2005年
2006年 環境省・平成18年度低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討評価調査及びダイオキシン類汚染土壌浄化対策技術等確立調査「HM2トータルシステムによる汚染土壌の浄化技術の実証調査」
国土交通省・平成18・19・20年度住宅・建築関連先導技術開発助成事業「飛散性アスベスト等のクローズド型連続除去・減容固化工法の開発」
NEDO・平成18・19年度民生部門等地球温暖化対策実証モデル評価事業「飲料用自動販売機の最適運用による省エネルギー化支援モデル事業」
国土交通省・平成18・19・20年度住宅・建築関連先導技術開発助成事業「中小規模の建築・住宅向けの効率的なエネルギー管理・省エネ支援システムに関する技術開発」
2007年 環境省・平成19・20年度街区まるごとCO2 20%削減事業「北九州八幡東田地区」
内閣官房都市再生本部・平成19年度全国都市再生モデル調査事業「新タワーと観光のまち“すみだ”を回遊する次世代型観光交通システムに関する調査」
2008年 資本金1600万円に増資 国土交通省・平成20年度住宅・建築物省CO2推進モデル事業「顧客ネットワークを活用した中小規模の建築・住宅向けの面的省CO2化支援事業」
環境省・平成20・21年度地球温暖化対策技術開発事業「中山間地域におけるバイオオイルの利活用ネットワーク構築のための技術開発」
環境省・平成20~24年度地球温暖化対策技術開発事業「既存オフィスにおけるグリーンワークワークスタイルのためのICTソリューション開発」
2009年 環境省・平成21年度温室効果ガス排出量のリアルタイム「見える化」モデル事業「小学校におけるエネルギーの「見える化」「見せる化」による実践的環境学習の展開」
国土交通省・平成21年度墨田地区モビリティサポートモデル事業「次世代モビリティとデジタルサイネージを融合した観光情報サポートシステムの構築」
2010年 資本金3000万円に増資

湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー
財団法人東京都中小企業振興公社・平成22・23年度基盤技術産業グループ支援事業「超軽量小型モビリティULV(Ultra Lightweight Vehicle)の地産地活型の生産・運用モデルの構築」
2011年 小野田弘士が取締役会長、中嶋崇史が代表取締役となる
資本金6600万円に増資

湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー
環境省・平成23・24年度地球温暖化対策技術開発等事業「未利用木質バイオマスの高効率エネルギー利用システムの開発と実証」
環境省・平成23年度自動車リサイクル連携高度化等支援事業「リユース部品の在庫「見える化」システムの構築とCO2削減効果情報提供プラットフォームを活用したインセンティブ付与に関する実証」
2012年 湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー 環境省・平成24年度地球温暖化対策技術開発・実証研究事業「被災地における自立型スマートコミュニティ形成に関する実証研究」
環境省・平成24年度HEMS利用の価値向上のための調査事業委託業務
NEDO・平成24年度IT融合に寄る新社会システムの開発・実証プロジェクト、「地域の医療・介護サービス等を高齢者らに届ける新たな都市内交通システムの構築」
2013年 湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー
2014年 小野田弘士が取締役(非常勤)、壺内良太が代表取締役となる
湘南ベルマーレオフィシャルクラブパートナー
2015年 資本金16500万円に増資
大村健太が代表取締役となる
清水エスパルスクラブスポンサー
2016年 資本金19500万円に増資
ページの先頭へ