文字サイズ
研究会・コンソーシアム
ホーム > 研究会・コンソーシアム > 自動車アフターマーケット連携高度化コンソーシアム

研究会・コンソーシアム

自動車アフターマーケット連携高度化コンソーシアム

1)概要

「リユース部品利用促進部会」「車輌情報活用部会」「環境・安全品質部会」で構成されるコンソーシアムです。自動車アフターマーケットのサプライチェーンと連携し、安全・安心かつ環境に配慮した自動車アフターマーケットを構築するためのビジネスモデルの構築を行っています。

「リユース部品利用促進部会」では、自動車解体業・自動車修理工場・損害保険会社等と連携し、エコポイントセンター事業モデルの構築、需給マッチング型リユース部品供給モデルの実証試験等を実施しています。

「車輌情報活用部会」では、システム開発会社・自動車ディーラー・自動車修理工場等と連携し、OBD2や燃費管理システムを通じて収集した車輌情報のビッグデータを分析し、“B to B”及び“B to C”向け統計情報サービスとして有効活用する仕組みを検討しています。

「環境・安全品質部会」では、整備機器メーカ・中古車流通関連業者・自動車修理工場等と連携し、車両の“電子化・軽量化”の基礎知識について、関連事業者に対する“教育・啓蒙”の仕組みの構築、セミナー事業を運営しています。

2)主催

早稲田大学環境総合研究センター

3)関連サイト

» グリーンポイントシステム(ソリューション)

» グリーンポイントクラブWEBサイト(外部サイト)

» エコ☆モ

» バス&ウォーク

4)主な参画メンバー

自動車解体業者、自動車修理業者、損害保険業者、ソフト開発業者、中古車流通業者 等

自動車アフターマーケット連携高度化コンソーシアム
ページの先頭へ